手足の冷えに悩む冷え性の方のためのサイト。手足の冷え、内臓冷え、温活方法、冷えとり方法、冷え性の原因と対策を考えます。

冷え性・冷えとり対策ナビ

寒さ対策グッズ

各社の最上級あったかインナーを比較してみた「ユニクロ極暖」vs「GU・GUウォームエクストラ」vs「しまむらファイバーヒート厚」vs「ベルメゾン綿100%ホットコット」

更新日:

2016-2017冬は、各社から通常のあったかインナーよりも暖かい、いわゆる「最上級版」のあったかインナーが販売になっています。

極暖・GUウォームエクストラ・ファイバーヒート厚・ホットコット綿100%比較

中には「○倍のあたたかさ」なんて書いてあるものもあったりして。ホントにあったかいのかしら…と疑問になりますよね。

というわけで、各社の最上級あったかインナーを比較してみましたのでご参考まで。

ユニクロ・ヒートテックエクストラウォーム「極暖」

ユニクロ・ヒートテックには、『ヒートテックよりも約1.5倍あたたかい』というコピーのついた「ヒートテックエクストラウォーム・極暖」というシリーズがあります。

ユニクロ ヒートテック極暖 口コミ比較

通常のヒートテックよりもアクリルとレーヨンの比率が多く発熱する力が強いのが特徴です。

また、ツルッとした薄い生地のヒートテックに対して、「極暖」は肌に触れる綿が裏起毛になっており生地にも厚みがあるためふんわりとしています。

ユニクロ ヒートテック極暖 口コミ比較

ユニクロさんのキャッチコピーでは『ヒートテックより約1.5倍あたたかい』ということですが、確かに着ると1.5倍くらいは暖かい気がします。ヒートテックより暖かいのは間違いないです。

でも通常のヒートテックに比べて生地が分厚く、体にぴったり密着するようなデザインでもないので、目立たないようにインナーとして着るには不向き。

どちらかというよりは「見せて着る」ことを前提に作られているあったかインナーです。
↓首回りもしっかりとパイピングされていて、まるで長袖Tシャツのようですよね。

ユニクロ ヒートテック極暖 口コミ比較

あたたかさが約1.5倍なら、お値段も約1.5倍。
通常のヒートテックが1069円(税込)のところ、極暖は1620円(税込)です。

1枚着るだけで暖かいインナーが欲しいという方には、コスパもまぁまぁなのではないかと思います。

>>ユニクロ公式HPはこちら

GU・GUウォームエクストラ

こちらも『通常のGUウォームより約1.5倍あたたかい』という触れ込みの「GUウォームエクストラ・コットンブレンド」。

GUエクストラウォームコットンブレンド 口コミ比較ブログ

GUウォームは化学繊維100%なのですが、GUウォームエクストラになると天然繊維の「綿」が混ざった生地「コットンブレンド」になるのが特徴です。

GUエクストラウォームコットンブレンド 口コミ比較ブログ

【通常のGUウォーム】

  • ポリエステル57%
  • レーヨン38%
  • ポリウレタン5%

【GUウォームエクストラ・コットンブレンド】

  • レーヨン39%
  • 綿37%
  • ポリエステル21%
  • ポリウレタン3%

さすがに綿が37%も入るので、見た目・肌触り共にまるで長袖Tシャツのように分厚くてしっかりしています。
裏起毛もついているので、本当にすごく分厚くて固い!という印象の生地ですね。

GUエクストラウォームコットンブレンド 口コミ比較ブログ

着てみると、通常のGUウォームとは全く別物。
ツルッとしてテロテロした感覚のGUウォームに対して、GUウォームエキストラはコットン(綿)の風合いが強くて肌あたりも固い感じで本当に長袖Tシャツを着ているみたいです。

多少ゴワゴワもしますし生地に厚みがある分動きにくさもありますが、風を通しにくいこともあって通常のGUウォームよりはあたたかいと感じます。

ユニクロさんのヒートテック「極暖」は『あたたかさ1.5倍』でお値段も1.5倍でしたが、こちらのGUウォームエクストラは同じ『あたたかさ1.5倍』でもお値段は約1.2倍。
たったの1069円(税込み)で買えるのがうれしい。

コットン綿が入ったインナーが欲しい方、チラ見せしながら着たい方、安くて1枚だけでもあたたかいインナーが欲しい方におすすめです。

>>GU公式HPはこちら

しまむら・ファイバーヒート厚

しまむらのあったかインナー・ファイバーヒートにも通常のファイバーヒートよりも分厚い生地になったその名も「厚ATU」というシリーズがあります。

しまむら ファイバーヒート厚 口コミブログ

こちらは、通常のファイバーヒート生地に裏起毛をかけているだけのようで、特に○倍あたたかい!という上位性があるわけではなさそう。

確かに裏面は少し起毛になっていて、通常のファイバーヒートよりは確かに少し分厚い生地になっています。

しまむら ファイバーヒート厚 口コミブログ

ですが、上記でご紹介した2社(ユニクロ・極暖、GUウォームエキストラコットンブレンド)と比べると、薄い!ペラペラかと思うくらい薄い!

ベルメゾンホットコット綿100% 口コミ比較

その分、着るとぴったりとしたデザインで重ね着してもゴワゴワしません。

裏起毛なだけに着た瞬間は通常のファイバーヒートよりも暖かい感触ですが、長時間着ている間に暖かいかというと、それほど目立ってあたたかさを感じることはありませんでした。

通常のファイバーヒートも980円(税込)、こちらの「厚ATSU」も980円(税込)です。

>>しまむら公式HPはこちら

 

ベルメゾン・ホットコット綿100%

上記でコットン綿を使ったあったかインナーの話題がでたのでもう一つご紹介します。

ベルメゾンホットコット綿100% 口コミ比較

綿を使ったあったかインナーとして有名なベルメゾンさんのホットコットにも、通常の綿比率95%のホットコットに対して綿100%という最上級版のホットコットも販売されています。

通常のホットコットでも綿比率95%とほぼ綿という素材なのですが、さらに着心地と肌さわりを追及しているのが綿100%のこちらです。

独自開発の発熱綿とオーガニックコットンをブレンドすることで、天然素材の綿でありながら発熱機能を持たせていて、さらに裏起毛にもなっているので、着ていて暖か。
何といっても肌ストレスがないので長時間着ていても楽ちんなのが特徴です。

ベルメゾンホットコット綿100% 口コミ比較

通常の綿95%ホットコットと比べても、暖かさに上位性は感じません。

が、着心地の方は1.5倍ほど良いと感じます。それに比べて、お値段が約2倍になるのがちょっと痛いか。

>>2018ホットコット公式サイトはこちら

いかがでしたでしょうか。各社あったかインナーの最上級版を比較してみました。

私の結論としては、

暖かさで選ぶなら、ユニクロヒートテック極暖。

お値段で選ぶなら、GUエクストラウォームコットンブレンド

肌触りで選ぶなら、ベルメゾンホットコット綿100%

ということになりました。皆さまのあったかインナー選びの参考にしていただければ幸いです。

>>2018ホットコット公式サイトはこちら

-寒さ対策グッズ
-

Copyright© 冷え性・冷えとり対策ナビ , 2018 All Rights Reserved.