手足の冷えに悩む冷え性の方のためのサイト。手足の冷え、内臓冷え、温活方法、冷えとり方法、冷え性の原因と対策を考えます。

冷え性・冷えとり対策ナビ

新藤先生おススメの靴下;正活絹

冷えとり健康法に使用する靴下は、シルク⇒ウール⇒シルク⇒ウールと最低4枚を重ねて履くのが基本。
新藤先生が冷えとりを始められたころ、冷えとりにピッタリの靴下が無かったことから、冷えとりにハマった1人の男性が会社を辞めて、冷えとり靴下だけを作る会社「JN」を立ち上げました。

冷え取り健康法 おすすめ靴下生活絹 効果

このJNで作られている冷えとり靴下が、「正活絹」という靴下なんです。

冷えとり靴下・正活絹

今ではたくさんの靴下ショップで扱われている冷えとり靴下ですが、新藤先生が冷えとりをはじめられたころには、「5本指靴下」が見当たらなかったんだそうです。
当時は、作業用の軍足や、水虫用の木綿の靴下で代用していたんだそうですよ。

そこで、冷えとりの理想とする「絹の5本指靴下」を自ら作ってしまおう!と立ち上がったのが現JNの社長さん。
5本指靴下の開発には新藤先生のご指導のもとで作られたそうで、新藤先生が指導された「唯一の冷えとり靴下」が『正活絹』なんです。

このあたりの経緯は、新藤先生の著書「冷えとり」の手引書に書かれています。ご参考まで。

正活絹の冷えとり靴下は特にゆるい!

これは正活絹の冷えとり靴下4足セット。Mサイズで23.5㎝の私にはピッタリのサイズのはずなのですが、このゆるさ!

 

  冷えとり靴下 正活絹

ちょっと歩きにくいほどの大きさです。

これは最低枚数の4枚を履いている状態なのですが、正活絹の靴下は10枚以上重ねて履いても大丈夫なようにつくられていて、だからこんなにゆるゆるなんですね。

絹の網目も大き目ですし、伸縮性もまったくなし。
それもそのはずで、100%完璧にシルクで作られていて、ナイロンなどは線維の1本も織り込まれていないんだそうです。

冷えとり靴下 効果 生活絹

完全に冷えとりのために、重ね履きをすることを前提に作られた靴下だけあって、履いてる感覚はとってもいいです。
歩いたり、走ったりはちょっとしにくいですが、家で履いたり、寝るとき履いたりすると、それはもう、ヤミツキです。

「靴下を何枚も重ねて履くなんて無理!」と思う方も多いと思いますが、それは普段の靴下を想像しているからであって、重ね履き用の靴下は何枚重ねても窮屈どころかどんどん気持ちよくなります。
お値段も張りますので手を出しにくいかもしれませんが、最初にいいものに触れて「これはいい!」と思えれば、続けやすくなりますので、一度だまされたと思って、冷えとり専用の靴下で重ね履きをしてみてください。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 冷え性・冷えとり対策ナビ , 2018 All Rights Reserved.